不景気.com > 国内倒産 > 島根の「浜田ゴルフ&カントリーリゾート」が自己破産申請し倒産

島根の「浜田ゴルフ&カントリーリゾート」が自己破産申請し倒産

島根の「浜田ゴルフ&カントリーリゾート」が自己破産申請し倒産

島根県浜田市に本拠を置くゴルフ場経営の「浜田観光」は、5月15日付で広島地方裁判所へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1964年に設立の同社は、1965年に「浜田カントリークラブ」の名称でゴルフ場をオープン。同ゴルフ場は18ホールの山岳コースで、日本海の眺望を楽しめるコースとして人気を得ていました。

しかし、景気低迷による来客数の減少やゴルフブームの一巡で業績が悪化すると、経営者の交代に伴い名称を「浜田ゴルフ&カントリーリゾート」に変更したほか、9ホールに縮小して営業するなどのリストラ策を実施したものの、資金繰りの行き詰まりから事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

毎日新聞(電子版)が伝えたところによると、負債総額は約7億7000万円の見通しです。

浜田のゴルフ場運営会社が破産を申請 /島根 - 毎日新聞

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事