不景気.com > 国内倒産 > オンラインゲーム運営の「ゲームヤロウ」が破産決定受け倒産

オンラインゲーム運営の「ゲームヤロウ」が破産決定受け倒産

オンラインゲーム運営の「ゲームヤロウ」が破産決定受け倒産

東京都品川区に本拠を置くオンラインゲーム運営の「ゲームヤロウ」は、5月21日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

韓国のオンラインゲーム会社「GameHi」の日本法人「ゲームハイ」として2007年に設立の同社は、GameHiが開発したオンラインシューティングゲーム「サドンアタック」の日本における運営を手掛けたほか、「三国志豪傑伝」や「ノーステイル」「The WAR2」などのオンラインゲームを展開していました。

しかし、韓国の親会社が他社に買収されたことをきっかけとして2010年に親会社と資本関係を解消すると、「サドンアタック」をはじめとする主力ゲームの運営も他社へ移管となったほか、独自に展開するゲームも低調に推移したことから業績が悪化したため、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約22億4000万円の見通しです。

ゲームヤロウ、破産手続き開始決定受ける (帝国データバンク) - Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事