不景気.com > 赤字決算 > フレンドリーの14年3月期は純損益4.10億円の赤字見通し

フレンドリーの14年3月期は純損益4.10億円の赤字見通し

フレンドリーの14年3月期は純損益4.10億円の赤字見通し

東証2部上場でレストランチェーン展開の「フレンドリー」は、2014年3月期通期個別業績予想を下方修正し、当期純損益が4億1000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2014年3月期通期個別業績予想:フレンドリー

売上高営業損益純損益
前回予想 91億9300万円 △2億6400万円 △2億7800万円
今回予想 91億3000万円 △3億2600万円 △4億1000万円
前期実績 94億7800万円 △1億900万円 △2億2500万円

閉店・業態転換・改装などによる稼働日数の減少で売上高が未達となったことに加え、販促キャンペーンの実施による経費の増加や固定資産の減損損失として1億2900万円を計上することから、営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:フレンドリー

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事