不景気.com > 企業不況 > アルメディオを時価総額に係る猶予期間入り銘柄に指定

アルメディオを時価総額に係る猶予期間入り銘柄に指定

アルメディオを時価総額に係る猶予期間入り銘柄に指定

東京証券取引所は、5月1日付で東証2部上場のCD・DVDなど家電向けテストメディア製作業「アルメディオ」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。

これは、同社の4月時価総額が10億円未満となったための措置で、猶予期間となる2015年1月31日までに時価総額が所要額を超えない場合は上場廃止となります。

同社は、音楽映像市場における光ディスク需要の大幅な落ち込みなどから業績が悪化しており、希望退職者の募集など事業規模に見合ったリストラ策の実施により収益改善を目指す方針です。

東証 : 上場廃止に係る猶予期間入りについて - (株)アルメディオ 他2銘柄 -

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事