不景気.com > 赤字決算 > 大阪チタニウムの14年3月期は純損益29億円の赤字見通し

大阪チタニウムの14年3月期は純損益29億円の赤字見通し

大阪チタニウムの14年3月期は純損益29億円の赤字見通し

東証1部上場でチタン・シリコン製造の「大阪チタニウムテクノロジーズ」は、2014年3月期通期業績予想を修正し、当期純損益が29億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2014年3月期通期業績予想:大阪チタニウムテクノロジーズ

売上高営業損益純損益
前回予想 445億円 7億円 △24億円
今回予想 429億円 11億円 △29億円
前期実績 558億7500万円 41億800万円 20億7500万円

コスト削減効果や円安の影響から営業損益は前回予想を上回ると見込むものの、主力のチタン事業における取引先の在庫調整により、2013年2月より還元炉の一つを全面休止する生産調整を行っているため、当該設備について固定資産の減損損失として5億円の特別損失を計上することから、純損益は前回予想を下回る見通し見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:大阪チタニウムテクノロジーズ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事