不景気.com > 国内倒産 > 石川の三セク「コースタルオアシス松任」が破産決定受け倒産

石川の三セク「コースタルオアシス松任」が破産決定受け倒産

石川の三セク「コースタルオアシス松任」が破産決定受け倒産

石川県白山市に本拠を置く観光施設運営の「株式会社コースタルオアシス松任」は、4月4日付で金沢地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1995年に松任市(現・白山市)や地元企業・大手建設業者などの出資により第三セクターとして設立の同社は、北陸自動車道の徳光パーキングエリアに隣接する徳光ハイウェイオアシスにて複合観光施設「まっとう車遊館」を運営し、同施設は海鮮市場やレストラン街・土産物店などが軒を連ね観光客に利用されていました。

しかし、有力テナントの誘致失敗や消費不況による客足の低迷などから設立当初より売上不振に陥り、その後は一進一退の業績が続くなか、初期の設備投資による借入金が資金繰りを逼迫したため、同施設の土地・建物が競売により売却された一方、自らは事後処理を進め今回の措置に至ったようです。

東京商工リサーチおよび帝国データバンクによると、負債総額は約38億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事