不景気.com > 国内リストラ > リーバイスが退職勧奨による20名の人員削減へ

リーバイスが退職勧奨による20名の人員削減へ

リーバイスが退職勧奨による20名の人員削減へ

ジャスダック上場のジーンズメーカー「リーバイ・ストラウス・ジャパン」は、退職勧奨による20名の人員削減を明らかにしました。

勧奨期間は4月10日から30日までで、退職日は5月31日以降。退職者には特別加算金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針で、この施策に伴う特別退職加算金などの費用として約6000万円の特別損失を計上する予定です。

ファストファッションなど低価格品との競争激化や円安・消費増税などの影響から、2014年11月期第1四半期の純損益は2億1200万円の赤字に陥るなど厳しい環境が続いているため、コスト構造の見直しが必要と判断し今回の削減を決定したようです。

人員削減等の合理化に関するお知らせ:リーバイス

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事