不景気.com > 国内倒産 > 山口の旅館経営「ホテル河長」が破産開始決定受け倒産

山口の旅館経営「ホテル河長」が破産開始決定受け倒産

山口の旅館経営「ホテル河長」が破産開始決定受け倒産

山口県宇部市に本拠を置く旅館経営の「河長」は、4月14日付で山口地方裁判所宇部支部より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1927年に創業の同社は、客室数19室・収容人数55名の旅館「ホテル河長」の経営を手掛け、瀬戸内の海鮮を使った料理が評判だったほか、ブライダルや宴会の需要も取り込み業績は順調に推移していました。

しかし、景気低迷によるブライダルや宴会の減少に加え、近隣施設との価格競争の激化で業績が悪化したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

毎日新聞(電子版)が伝えたところによると、負債総額は約4億円の見通しです。

河長:宇部の老舗旅館、自己破産を申請 - 毎日新聞

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事