不景気.com > 海外リストラ > 英タバコ大手「インペリアル・タバコ」が2工場閉鎖、900名削減へ

英タバコ大手「インペリアル・タバコ」が2工場閉鎖、900名削減へ

英タバコ大手「インペリアル・タバコ」が2工場閉鎖、900名削減へ

イギリスの大手タバコメーカーでウエストやゴロワーズなどのブランドを持つ「インペリアル・タバコ」は、今後2年間に2工場の閉鎖と900名の人員削減を実施すると発表しました。

閉鎖の対象となるのはイギリスのノッティンガム工場とフランスのナント工場で、退職者には再就職支援などの優遇策を行う方針です。また、この施策に伴い年間で約3億ポンド(約511億円)のコスト削減効果を見込むとのことです。

欧州におけるタバコ需要の減少や規制強化の影響から、対象となる2工場の稼働率は生産能力の半分以下に落ち込むなど生産効率が悪化しているため、需要に見合った生産体制への合理化が必要と判断し今回の施策に至ったようです。

Imperial Tobacco Group - European restructuring projects

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事