不景気.com > 国内倒産 > 福井の眼鏡枠製造「畑中眼鏡」が自己破産申請し倒産

福井の眼鏡枠製造「畑中眼鏡」が自己破産申請し倒産

福井の眼鏡枠製造「畑中眼鏡」が自己破産申請し倒産

福井県鯖江市に本拠を置く眼鏡枠製造の「畑中眼鏡株式会社」は、4月28日付で福井地方裁判所へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1959年に創業の同社は、百貨店や眼鏡チェーンを主な取引先として眼鏡枠(眼鏡フレーム)の製造を手掛け、ライセンスブランド製品の製造を主力とするほかハウスブランドも展開するなど事業を拡大していました。

しかし、個人消費の落ち込みや眼鏡市場における低価格化の流れなどから、安価な海外製品との競争激化で業績が悪化したため、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

毎日新聞(電子版)が伝えたところによると、負債総額は約2億4000万円の見通しです。

畑中眼鏡:自己破産申請 負債2億4000万円 - 毎日新聞

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事