不景気.com > 国内倒産 > 山梨のスーパー経営「深澤商事」が自己破産申請し倒産

山梨のスーパー経営「深澤商事」が自己破産申請し倒産

山梨のスーパー経営「深澤商事」が自己破産申請し倒産

山梨県甲府市に本拠を置くスーパーマーケット経営の「株式会社深澤商事」は、4月1日付で東京地方裁判所へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1981年に設立の同社は、同県南アルプス市にて「プラスバリュー甲西店」、甲府市にて「ビックプラスバリュー甲府和戸店」の店名でスーパーマーケットを展開し、地産の野菜をはじめとする生鮮食品を積極的に取り扱うなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による消費者の買い控えに加え、県外大手スーパーの出店に伴う価格競争の激化などから業績が悪化すると、2月の大雪に伴う営業一時休止も重なり資金繰りが逼迫したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

東京商工リサーチによると、負債総額は約7億7000万円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事