不景気.com > 企業不況 > ファステップスが取立不能のおそれ、取引先「インフォレスト」整理で

ファステップスが取立不能のおそれ、取引先「インフォレスト」整理で

ファステップスが取立不能のおそれ、取引先「インフォレスト」整理で

東証マザーズ上場でモバイル向けシステム開発などを手掛ける「ファステップス」は、保有する債権について取立不能または取立遅延のおそれが生じたことを明らかにしました。

これは、同社の主要株主で取引先の出版業「インフォレスト株式会社」(東京都千代田区)が4月15日付で事業を停止し債務整理の意向を明らかにしたための措置で、債権額は営業保証金や売掛金など2億300万円の見込みです。

なお、当該債権については全て自己資金のため資金繰りへの影響はないものの、公表済みの2014年2月期決算に織り込む必要があることから、2014年2月期決算短信の修正を行う予定とのことです。

債権の取立不能または取立遅延のおそれに関するお知らせ:ファステップス

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事