不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース3/2、倒産やリストラが目立つ

週刊不景気ニュース3/2、倒産やリストラが目立つ

週刊不景気ニュース3/2、倒産やリストラが目立つ

2月24日から3月2日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産やリストラの話題が目立つ1週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、北海道の水産加工業「カネキチ」、東京の声優プロダクション「メディアフォース」、福岡の照明器具製造「イー・エル・テクノ」となりました。

また、仮想通貨ビットコイン取引所運営の「マウントゴックス」が民事再生法の適用を申請したほか、東京のシステム開発「フェアパートナー」が特別清算の開始決定を受け、海外では中国の太陽光パネル製造「サンテックパワー・ホールディングス」が米破産法第15章を申請しました。

人員削減では、食品会社の「大塚食品」で190名の希望退職者募集や、海外ではオーストラリアの電話帳発行「センシス」で800名、「ソニー」がアメリカ法人にて1000名、オーストラリアの航空会社「カンタス航空」で5000名の削減策が明らかとなり、また、すでに公表していた削減策に対し化繊・合繊染色加工メーカーの「倉庫精練」で56名が応募したと発表しました。

そのほか、スーパーマーケットの「ダイエー」および光学ガラスメーカーの「オハラ」が子会社に対する債権を放棄し、電子機器部品製造の「JALCOホールディングス」が債権取立不能のおそれを公表、「京都機械金属厚生年金基金」、「大阪府貨物運送厚生年金基金」、「東部ゴム厚生年金基金」が解散方針を明らかにしました。

最後に、赤字業績を発表したのは、回転寿司チェーンの「かっぱ寿司」、デジタルメディア・出版の「インプレスホールディングス」、「四国電力」となりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事