不景気.com > 景気対策 > スマホ向け無料・格安通話アプリのまとめ、通話料の節約に

スマホ向け無料・格安通話アプリのまとめ、通話料の節約に

スマホ向け無料・格安通話アプリのまとめ、通話料の節約に

従来型の携帯電話からスマートフォンへの乗り換えで一番困るのが通話料の高さではないでしょうか。無料通話付きのプランが当たり前の従来型携帯電話と違い、スマートフォンでは高止まりする通話料が利用者の負担となっています。

最近では「LINE」や「Facetime」(iPhone)などのアプリ同士で通話無料となるサービスが複数存在しており、それらのサービスを利用されている方も多いかと思います。そのため、ここでは従来型携帯電話や固定電話への通話料を節約できるサービスをご紹介します。

サービス名 運営会社 月額料金 携帯通話料 固定通話料 番号通知 回線
楽天でんわ 楽天/フュージョン 無料 10.5円/30秒 10.5円/30秒 080/090 電話回線
SMARTalk フュージョン 無料 8.4円/30秒 8.4円/30秒 050 IP電話
LaLa Call ケイ・オプティコム 105円 18.9円/1分 8.4円/3分 050 IP電話
050plus NTTコム 315円 16.8円/1分 8.4円/3分 050 IP電話
Skype マイクロソフト 無料 10.81円/1分 2.26円/1分 非通知 IP電話
Viber Out 楽天/Viber 無料 9.8セント/分 2.3セント/分 非通知 IP電話
LINE電話 LINE 無料 14円/1分 3円/1分 IP電話

*Skypeの通話には接続料が別途必要。LINE電話は3月よりサービス開始の予定。金額は記事公開時のもの。

インターネット回線を使用するIP電話と違い、電話回線を使用する「楽天でんわ」は音質面で有利なことに加え、自分の携帯電話番号が相手に通知されるため携帯電話に発信する場合は他サービスよりも利便性が高いと言えます。

一方、固定電話への通話を中心に考えるならば「050plus」「LaLa Call」が安くなります。ただし、月額料金が必要になるため、あまり通話しない人には逆に高くつく可能性もあります。

また、「楽天」に買収された「Viber」は、固定電話への通話料が無料になるキャンペーン(終了日未定)を実施しているため、とりあえず固定電話への通話料を抑えたいという方には試してみる価値がありそうです。

そのほか、料金的に競争力が高そうな「LINE電話」が3月からサービス開始を予定しているため、その内容を見てからの判断でも遅くはなさそうです。

関連記事

「景気対策」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事