不景気.com > 国内リストラ > オリンパスがバイオロジクス事業から撤退、子会社解散も

オリンパスがバイオロジクス事業から撤退、子会社解散も

オリンパスがバイオロジクス事業から撤退、子会社解散も

東証1部上場の光学機器メーカー「オリンパス」は、整形外科・再生医療事業領域のうち骨形成タンパク質に関する開発・製造・販売を手掛けるバイオロジクス事業から撤退すると発表しました。

2011年1月に「ストライカーバイオテック」(アメリカ)から同事業の資産を買収し事業活動に参入したものの、グループの中核となる医療事業や映像事業とのシナジー効果が期待できないことから、事業継続は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

今後は、同事業を手掛ける子会社「オリンパス・バイオテック」(アメリカ)において撤退作業を進め、2017年をめどに同子会社の清算が結了する予定で、この施策に伴い最大で約190億円の特別損失を計上するとのことです。

一部事業の撤退に伴う子会社の解散に関するお知らせ:オリンパス

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事