不景気.com > 国内倒産 > 島根の建設業「紅花組」が破産開始決定受け倒産

島根の建設業「紅花組」が破産開始決定受け倒産

島根の建設業「紅花組」が破産開始決定受け倒産

島根県松江市に本拠を置く建設業の「株式会社紅花組」は、2月28日付で松江地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

岡山県にて1924年(大正13年)に創業の同社は、土木・港湾工事を主力に事業を展開するほか、一般注文住宅などの建築工事を手掛けるなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による公共工事の縮減で受注が大幅に減少すると、借入金が資金繰りを逼迫したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

信用調査会社の東京経済によると負債総額は約10億円の見通しで、取引行の「島根銀行」は債権6億6400万円について取立不能のおそれを表明しています。

島根銀行が取立不能のおそれ、取引先「紅花組」の破産で - 不景気.com

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事