不景気.com > 不景気ニュース > 中部電力がオール電化PR施設「デザインの間」を閉館

中部電力がオール電化PR施設「デザインの間」を閉館

中部電力がオール電化PR施設「デザインの間」を閉館

中部電力は、愛知県名古屋市にて運営するe-生活情報センター「デザインの間」を3月16日で閉館すると発表しました。

2008年11月に開業の同施設は、オール電化など省エネ型ライフスタイルの提案を目的とするほか、キッチンのショールームやカフェ・ギャラリー・ライブラリーを併設するなど多くの人々に親しまれてきました。

しかし、原子力発電所の停止に伴う業績の悪化で厳しい環境が続いており、電気料金の値上げをはじめとする利用者負担の理解を得るためには様々な合理化策の実施が必要と判断し今回の決定に至ったようです。

e-生活情報センター「デザインの間」の閉館について|中部電力

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事