不景気.com > 赤字決算 > 朝日工業の14年3月期は純損益110億円の赤字へ、大雪影響で

朝日工業の14年3月期は純損益110億円の赤字へ、大雪影響で

朝日工業の14年3月期は純損益110億円の赤字へ、大雪影響で

ジャスダック上場で鉄鋼建材・農業資材製造の「朝日工業」は、2014年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が110億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2014年3月期通期連結業績予想:朝日工業

売上高営業損益純損益
前回予想 450億円 △5億7000万円 △18億1000万円
今回予想 435億円 △5億7000万円 △110億円
前期実績 401億7500万円 △11億7600万円 △14億8000万円

2月15日の大雪により発生した埼玉製鋼工場の屋根座屈被害で操業一時停止を余儀なくされているほか、固定資産の減損損失として約85億円の特別損失を計上することから、純損益は前回予想を大幅に下回る見通しとなりました。

なお、製鋼工場は6月中の操業再開を予定しており、復旧工事期間中においては一部の従業員に対し一部帰休を実施するとのことです。

業績予想の修正に関するお知らせ:朝日工業

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事