不景気.com > 海外倒産 > 中国の太陽電池製造「サンテックパワー」が破産法第15章申請

中国の太陽電池製造「サンテックパワー」が破産法第15章申請

中国の太陽電池製造「サンテックパワー」が破産法第15章申請

中国に本拠を置く太陽光パネル製造の「サンテックパワー・ホールディングス」は、2月22日付でニューヨーク州南部の連邦破産裁判所へ破産法第15章(国際倒産)を申請したことが明らかになりました。

2001年に設立の同社は、世界最大級の太陽光パネル製造メーカーとして知られ、2005年にはニューヨーク証券取引所へ上場を果たすなど、太陽電池市場の拡大に合わせ事業を伸展させていました。

しかし、市場飽和による需給バランスの悪化や競争激化などから業績が低迷すると、2013年には主要子会社が中国国内にて破産法の申請に追い込まれ、今後のグループ再生には債権者とのやり取りにおいて法的整理による公平な手続が必要と判断し今回の措置に至ったようです。

裁判所への提出書類によると、負債総額は10億ドル~50億ドル(約1000億円~5000億円)の範囲内とのことです。

 Suntech Commences Proceeding in Support of Restructuring Process

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事