不景気.com > 買収合併 > 楽天がメッセージングサービス「バイバー」を900億円で買収

楽天がメッセージングサービス「バイバー」を900億円で買収

楽天がメッセージングサービス「バイバー」を900億円で買収

東証1部上場のインターネット通販大手「楽天」は、モバイルメッセージングおよび無料通話サービスを展開する「バイバーメディア」(キプロス)を買収すると発表しました。

楽天は、バイバーメディアの全発行済株式を取得するほか新株発行の引き受けを実施し、買収総額は約9億ドル(約900億円)の見込みです。

バイバーは新興国を中心として約2億8000万人の登録ユーザー数を有しており、ネット通販やデジタルコンテンツサービスの海外展開を進める楽天にとって、新興国におけるサービス拡大の足掛かりとすべく今回の買収を決定したようです。

今後は3月下旬をめどに株式譲渡が行われる予定です。

楽天:Viber Media Ltd.の株式の取得(子会社化)に関するお知らせ

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事