不景気.com > 国内倒産 > 宮崎の焼酎メーカー「王手門酒造」が民事再生法申請

宮崎の焼酎メーカー「王手門酒造」が民事再生法申請

宮崎の焼酎メーカー「王手門酒造」が民事再生法申請

宮崎県日南市に本拠を置く焼酎製造の「王手門酒造株式会社」は、1月31日付で宮崎地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1895年(明治28年)に創業の同社は、「喰らへ倍返し」「男気銀滴」「不阿羅王」「むぎ銀滴」など焼酎の製造を主力に事業を展開し、焼酎ブームにも乗りマニアを中心に高い人気を得ていました。

しかし、ブーム終焉による販売の落ち込みに加え、大手酒造との競争激化で厳しい環境に追い込まれると、多額の借入金が資金繰りを逼迫したため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

信用調査会社の東京経済などによると、負債総額は約11億円の見通しです。

宮崎の王手門酒造が民事再生法 - 47NEWS(よんななニュース)

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事