不景気.com > 国内倒産 > 福岡の照明製造「イー・エル・テクノ」が破産決定受け倒産

福岡の照明製造「イー・エル・テクノ」が破産決定受け倒産

福岡の照明製造「イー・エル・テクノ」が破産決定受け倒産

福岡県福岡市に本拠を置く照明器具製造の「株式会社イー・エル・テクノ」は、2月19日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

2010年に設立の同社は、有機ELパネルや照明器具の開発・製造・販売を手掛け、熊本県に工場を開設し2012年より有機EL照明パネルの製造ラインを稼働させていました。

しかし、想定に対し売上が下回ったことに加え、設備投資による多額の借入金が資金繰りを逼迫したため、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約14億円の見通しで、ジャスダック上場の生産ラインメーカー「平田機工」は保有するイー・エル・テクノの普通株式(取得価額2億円)について投資損失を計上すると発表しました。

投資先の破産手続開始の決定および特別損失の発生に関するお知らせ:平田機工

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事