不景気.com > 国内倒産 > タレント事務所「アトリエ・ダンカン」が自己破産申請し倒産へ

タレント事務所「アトリエ・ダンカン」が自己破産申請し倒産へ

タレント事務所「アトリエ・ダンカン」が自己破産申請し倒産へ

東京都渋谷区に本拠を置くタレント事務所の「株式会社アトリエ・ダンカン」は、2月1日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

大手芸能事務所でマネージャーをしていた演劇プロデューサーの現代表と女優の木の実ナナ氏により1979年に設立の同社は、木の実ナナ氏や尾藤イサオ氏など所属タレント約30名のマネージメントを主力に事業を展開するほか、舞台制作も多数手掛けるなど業界では相応の知名度を有していました。

しかし、企画する舞台公演の赤字が続いたことで厳しい業績に陥ると、1月14日には自らが企画・制作するロックミュージカル「ピンクスパイダー2014」の公演中止を発表するなど資金繰りが行き詰まり、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

木の実ナナさんら所属、アトリエダンカン破産へ:YOMIURI ONLINE(読売新聞)

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事