不景気.com > 海外リストラ > 米アルミ大手「アルコア」が豪製錬所を閉鎖し980名の削減へ

米アルミ大手「アルコア」が豪製錬所を閉鎖し980名の削減へ

米アルミ大手「アルコア」が豪製錬所を閉鎖し980名の削減へ

アメリカの大手アルミニウムメーカー「アルコア」は、オーストラリアにある製錬所などの閉鎖を発表し、総勢980名の雇用に影響がある見込みを明らかにしました。

対象となるのはビクトリア州のポイント・ヘンリー製錬所および圧延工場とニューサウスウェールズ州の圧延工場で、同製錬所は8月に、圧延工場は12月までにそれぞれ閉鎖する予定です。

また、この閉鎖に伴い同製錬所で500名、圧延工場で480名の雇用に影響がある見込みで、工場閉鎖や人員削減などのリストラ費用として最大で2億7000万ドル(約270億円)を計上する見通しです。

Alcoa to Close Point Henry Aluminum Smelter and Rolling Mills in Australia

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事