不景気.com > 海外倒産 > 独出版・書店大手の「Weltbild」が破産手続を申請

独出版・書店大手の「Weltbild」が破産手続を申請

独出版・書店大手の「Weltbild」が破産手続を申請

ドイツのアウクスブルクに本拠を置く出版・書店チェーン展開の「Weltbild Publishing Group」は、1月10日付で現地破産法の適用を申請したことが明らかになりました。

ドイツ国内を中心として「Hugendubel」「Weltbild」「Jokers」の店名で書店を多店舗展開するほか、インターネットやカタログ通販なども手掛け、ドイツ国内の書籍流通において約20%のシェアを誇るほか、出版事業も行うなど事業を拡大していました。

しかし、インターネットによる流通の拡大に伴う事業構造の変化により赤字に転落するなど業績が悪化すると、資金繰りの行き詰まりから現状での事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

なお、営業は通常通り継続する見通しとのことです。

Verlagsgruppe Weltbild GmbH stellt Insolvenzantrag

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事