不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース1/19、倒産や拠点閉鎖の発表が相次ぐ

週刊不景気ニュース1/19、倒産や拠点閉鎖の発表が相次ぐ

週刊不景気ニュース1/19、倒産や拠点閉鎖の発表が相次ぐ

1月13日から19日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産や拠点閉鎖の発表が多い1週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、東京の消費者金融「クロスシード」、岡山の繊維製品製造「サンヨーハット」、兵庫の建築業「田野工務店」となり、また、島根の屋根瓦メーカー「セラミカ」と和歌山の和菓子メーカー「駿河屋」が民事再生法の適用を申請し、海外ではドイツの書店チェーン大手「Weltbild」が現地破産法の適用を申請しました。

一方、拠点閉鎖では、樹脂加工製品大手の「積水化学工業」が東京工場を閉鎖し、「パナソニックシステムネットワークス」が子会社の宇佐工場を閉鎖、プリント配線板製造の「日本シイエムケイ」が子会社における山梨の拠点を閉鎖、海外ではアメリカの百貨店大手「メイシーズ」が5店舗の閉鎖をそれぞれ明らかにしました。

そのほか、赤字業績を発表したのは、不動産業の「エスポア」、ゲーム機大手の「任天堂」、ジーンズメーカーの「リーバイス」、婦人服製造販売の「クロスプラス」などとなりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事