不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース1/12、年末年始で倒産が増加

週刊不景気ニュース1/12、年末年始で倒産が増加

週刊不景気ニュース1/12、年末年始で倒産が増加

2013年12月30日から2014年1月12日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。年末年始で倒産企業が増加した2週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、愛知の飲食店経営「アイエヌジーサービス」、愛知の衣料品製造「銀座伊勢由」、兵庫の青果卸「尼崎中央青果」、福岡の質店経営「恵比寿」、愛媛のリサイクル業「アキラ産業」、沖縄の運送業「沖縄通関社」となりました。

また、大阪の金型製造「コスモ電器」、大阪の化学製品卸「大倉ケミテック」、東京の半導体洗浄装置製造「ダン科学」が民事再生法の適用を申請しました。

そのほか、栃木のテーマパーク「日光猿軍団」が閉園し、ヤフーがメッセンジャーサービス「Yahoo!メッセンジャー」を終了、アメリカの大手化粧品メーカー「レブロン」が中国市場から撤退すると発表しました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事