不景気.com > 海外リストラ > ウォルマートが会員制店舗「サムズクラブ」で2300名の削減へ

ウォルマートが会員制店舗「サムズクラブ」で2300名の削減へ

ウォルマートが会員制店舗「サムズクラブ」で2300名の削減へ

アメリカの小売大手「ウォルマート・ストアーズ」は、会員制店舗の「サムズクラブ」において2300名の人員削減を実施したことが明らかになりました。

対象となったのは中間管理職やパートタイムの従業員で、全従業員11万6000名の約2%に相当する削減数となりました。

同社では2010年に1万名超の人員削減を実施して以来の大規模削減で、消費者によるインターネット通販への移行が進むなか、収益回復を目指し今回の施策に至ったようです。

Wal-Mart's Sam's Club to Cut 2,300 Workers - ABC News

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事