不景気.com > 国内倒産 > 愛媛の食品製造「セトウチデリカ」が弁護士一任、負債40億超

愛媛の食品製造「セトウチデリカ」が弁護士一任、負債40億超

愛媛の食品製造「セトウチデリカ」が弁護士一任、負債40億超

愛媛県今治市に本拠を置く食品製造業の「株式会社セトウチデリカ」は、事業再生を前提に1月6日付で事後処理を弁護士に一任したことが明らかになりました。

1999年に設立の同社は、コンビニエンスストアを主な取引先として惣菜や弁当の製造を主力に事業を展開するほか、大手食品メーカーや流通大手向けに冷凍食品の製造も手掛けるなど事業を拡大していました。

しかし、取引先からの値下げ圧力に加え、競争激化による採算性の低下も重なり業績が悪化すると、積極的な設備投資が裏目となり資金繰りが逼迫したほか、2013年には会社および社長が消費税法違反で起訴されるなど信用が失墜したため、自力での再建は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

東京商工リサーチによると、2013年6月期末時点の負債総額は約41億円の見通しで、今後は民事再生法の適用を申請する方針とのことです。

セトウチデリカが民事再生法申請へ(東京商工リサーチ) Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事