不景気.com > 景気対策 > 100万円までの投資非課税制度「NISA」がスタート、デメリットも

100万円までの投資非課税制度「NISA」がスタート、デメリットも

100万円までの投資非課税制度「NISA」がスタート、デメリットも

年間100万円までの投資から得られる配当金や売買益などの利益を非課税にする少額投資非課税制度「NISA」(ニーサ)が、2014年1月から運用開始されます。

2013年末をもって投資の利益に係る10%の軽減税率が廃止され、2014年からは税率が20%に変更されます。NISA口座を通じて取引を行うことで、年間100万円までの投資に対する利益が非課税になるため、利益の出る取引については大きなメリットになります。

反面、通常の取引では認められている損益通算や損失繰越ができないことから、損失の可能性がある取引には不向きで、そのため年間100万円以内で確実に利益が見込める取引のみに限定するのがNISAの賢い利用方法と言えそうです。

日本証券業協会

関連記事

「景気対策」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事