不景気.com > 企業不況 > 日和産業が債権取立不能のおそれ、東予養鶏農協の再生法で

日和産業が債権取立不能のおそれ、東予養鶏農協の再生法で

日和産業が債権取立不能のおそれ、東予養鶏農協の再生法で

大証2部上場の飼料メーカー「日和産業」は、保有する債権について取立不能または取立遅延のおそれが生じたことを明らかにしました。

これは、取引先の鶏卵販売「愛媛東予養鶏農業協同組合」(愛媛県西条市)が1月21日付で松山地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したための措置で、債権額は売掛金および貸付金1億8500万円の見込みです。

なお、当該債権については担保および引当金により全額保全されているため、業績に与える影響はないとのことです。

債権の取立不能または取立遅延のおそれに関するお知らせ:日和産業

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事