不景気.com > 赤字決算 > マルハニチロHDが製品回収費用35億円の損失、農薬問題で

マルハニチロHDが製品回収費用35億円の損失、農薬問題で

マルハニチロHDが製品回収費用35億円の損失、農薬問題で

東証1部上場の水産食品大手「マルハニチロホールディングス」は、冷凍食品子会社「アクリフーズ」の群馬工場で生産した冷凍食品の一部から農薬が検出された問題に絡み、製品回収関連費用として35億円の特別損失を計上すると発表しました。

同問題では、ピザなどの冷凍食品に農薬を混入させたとして、アクリフーズの契約社員で工場従業員の男が偽計業務妨害の疑いで群馬県警より逮捕され、その責任を取ってマルハニチロホールディングスとアクリフーズの両社長が辞任に追い込まれる事態となりました。

回収関連費用の内訳は棚卸資産処分損および告知費用などで、この特別損失に伴い営業損益を従来予想の150億円の黒字から115億円の黒字へ、純損益を70億円の黒字から45億円の黒字へそれぞれ下方修正しました。

子会社における特別損失の計上に関するお知らせ:マルハニチロホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事