不景気.com > 海外リストラ > 英銀行大手の「ロイズ」が1000名の追加人員削減へ

英銀行大手の「ロイズ」が1000名の追加人員削減へ

英銀行大手の「ロイズ」が1000名の追加人員削減へ

イギリスの銀行大手「ロイズ・バンキング・グループ」は、2011年からはじまる経営合理化策の一環として1000名の追加人員削減を明らかにしました。

対象となるのはリテール・リスク・コマーシャルのそれぞれバンキング部門で、2011年以降の累計で11760名の削減を実施したことになります。

景気低迷による業績の悪化で一旦は政府の傘下に入り、現在も32.7%の株式を政府が所有しているなど厳しい環境に置かれている同社は、政府の資本から離れるためにも収益回復が急務と判断し今回の削減に至ったようです。

BBC News - Lloyds Banking Group cuts 1,080 jobs as part of revamp

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事