不景気.com > 買収合併 > レノボがグーグルの携帯事業「モトローラ」を2965億円で買収

レノボがグーグルの携帯事業「モトローラ」を2965億円で買収

レノボがグーグルの携帯事業「モトローラ」を2965億円で買収

中国の大手パソコンメーカー「レノボ」は、アメリカのIT企業「グーグル」の携帯端末製造子会社「モトローラ・モビリティ」を29億ドル(約2965億円)で買収すると発表しました。

積極的な買収策により事業を拡大しているレノボは、スマートフォンの販売で世界シェア5位につけており、世界シェア上位の「サムスン」(韓国)や「アップル」(アメリカ)などとの競争には規模の拡大が必要と判断し今回の買収に至ったようです。

一方、グーグルは2011年に当時のレートで約1兆円を費やし同事業を買収したものの、当初の目的だった携帯端末関連の特許取得が達成できたことに加え、同事業の業績が低迷していることから、特許資産の大部分をグーグルが継続保有することを条件に今回の売却となったようです。

Lenovo Newsroom | Lenovo to Acquire Motorola Mobility from Google

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事