不景気.com > 国内リストラ > JVCケンウッドが希望退職による400名の幹部職削減へ

JVCケンウッドが希望退職による400名の幹部職削減へ

JVCケンウッドが希望退職による400名の幹部職削減へ

東証1部上場の電機メーカー「JVCケンウッド」は、2013年11月6日付で公表していた早期退職優遇措置について詳細を明らかにし、幹部職を対象に400名の希望退職者を募集すると発表しました。

同社および一部の国内関係会社に属する満45歳以上の幹部職が対象で、退職日は2014年3月31日。退職者には退職加算金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針で、この施策に伴い約35億円のリストラ費用を計上する見通しです。

また、欧米を中心に販売会社を統廃合するほか、海外生産拠点7ヵ所を6ヵ所へ集約するなどの海外拠点改革も併せて実施する方針で、これら施策に伴い年間で約65億円のコスト削減効果を見込むとのことです。

希望退職者の募集および海外拠点改革に関するお知らせ:JVCケンウッド

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事