不景気.com > 買収合併 > 伊自動車大手「フィアット」が米「クライスラー」を完全子会社化

伊自動車大手「フィアット」が米「クライスラー」を完全子会社化

伊自動車大手「フィアット」が米「クライスラー」を完全子会社化

イタリアの大手自動車メーカー「フィアット」は、1月20日をめどにアメリカの自動車メーカー「クライスラー・グループ」を完全子会社化すると発表しました。

クライスラー株式の約58.5%を保有するフィアットは、残りの約41.5%を「全米自動車労働組合」の基金から取得し完全子会社化する予定で、取得金額は36億5000万ドル(約3830億円)の見込みです。

2009年4月にクライスラーが連邦破産法第11章の適用を申請すると、その後はフィアットの支援により再建を進め業績回復を達成した一方、長引く欧州の景気低迷によりフィアットの業績が落ち込んでいるため、2社の完全統合により共同開発の強化やディーラー網の整備などを進め収益改善を目指す方針です。

Fiat to acquire remaining equity interests in Chrysler Group LLC

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事