不景気.com > 雇用問題 > 11月のユーロ圏失業率は12.1%で過去最悪継続、若年24.2%

11月のユーロ圏失業率は12.1%で過去最悪継続、若年24.2%

11月のユーロ圏失業率は12.1%で過去最悪継続、若年24.2%

EU統計局によると、17カ国で構成されるユーロ圏(EA17)の2013年11月の失業率(季節調整値)は12.1%となり、依然として過去最悪の水準に陥っていることが明らかになりました。

失業率は2013年8月から横ばいが続いており、国別ではギリシャが27.4%(参考値)、スペインが26.7%となりました。また、25歳以下の若年層失業率は前の月と変わらずの24.2%となり、依然として厳しい雇用環境が続いています。

Euro area unemployment rate at 12.1%

*EA17の構成国:「ベルギー、ドイツ、エストニア、アイルランド、ギリシャ、スペイン、フランス、イタリア、キプロス、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、オーストリア、ポルトガル、スロベニア、スロバキア、フィンランド」

関連記事

「雇用問題」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事