不景気.com > 国内倒産 > 2013年の上場企業倒産は4社に減少、インデックスが負債最多

2013年の上場企業倒産は4社に減少、インデックスが負債最多

2013年の上場企業倒産は4社に減少、インデックスが負債最多

2013年に民事再生法・会社更生法・破産法などの法的整理を申請した上場企業数は前年の6社から4社へ減少し、また、負債額で見てもコンテンツ配信業「インデックス」の245億円が最多となり、2012年の最多負債だった「エルピーダメモリ」の4480億円から大幅に減少しました。

2013年の上場企業倒産4社:

東京カソード研究所(電子部品・民事再生法・負債32億円)
インデックス(コンテンツ配信・民事再生法・負債245億円)
ワールド・ロジ(物流・破産法・負債79億円)
クロニクル(宝飾品販売・破産法・負債1億6000万円)

*クロニクルは7月17日付で上場廃止になった後に自己破産を申請。4社ともジャスダック市場に上場。

各年別の上場企業倒産:

2012年(6社)2011年(6社), 2010年(10社), 2009年(20社), 2008年(33社)

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事