不景気.com > 国内リストラ > 2013年のリストラは富士通の2454名が最多、ルネサス2316名

2013年のリストラは富士通の2454名が最多、ルネサス2316名

2013年のリストラは富士通の2454名が最多、ルネサス2316名

2013年に実施された希望退職者募集や早期退職優遇制度などのリストラ策において、人員削減数がもっとも多かったのは「富士通」の2454名となり、次いで「ルネサスエレクトロニクス」の2316名となりました。

また、100名以上の削減数を明らかにした企業は24社で、景気回復が叫ばれるなか大企業を中心に固定費削減を目的とする人員削減が続きました。

2013年国内リストラ:100名以上の応募者数を発表した企業

2013年1月1日から12月31日までの1年間において、希望退職者募集や早期退職優遇制度などの人員削減策に対し100名以上の応募者数を発表した上場企業(削減数が確定していない企業は除く)。

富士通 2454名
ルネサスエレクトロニクス 2316名
日立電線 1112名
日本通運 764名
パイオニア 716名
日本無線 495名
NTN 406名
シチズン 399名
ショーワ 378名
NKSJホールディングス 324名
三陽商会 270名
JUKI 234名
ローム 219名
双葉電子工業 213名
タムラ製作所 213名
エフテック 212名
グリー 205名
佐世保重工業 201名
日立電線 160名 (*1112名の削減策とは別)
タカラトミー 138名
アイ・オー・データ機器 121名
ローランド 113名
アサツー ディ・ケイ 113名
フジクラ 106名
インフォメーション・ディベロプメント 104名

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事