不景気.com > 国内リストラ > 東芝が中国での液晶テレビ生産を年内に終了、委託を拡大

東芝が中国での液晶テレビ生産を年内に終了、委託を拡大

東芝が中国での液晶テレビ生産を年内に終了、委託を拡大

東証・名証1部上場の電機大手「東芝」は、2013年12月末をもって中国でのテレビ生産を終了すると発表しました。

1996年に「大連東芝テレビジョン」(中国大連市)を設立すると、主に日本国内向け中・大型液晶テレビの生産拠点として事業を展開していました。

しかし、テレビ需要の落ち込みから映像事業が赤字に陥るなど厳しい環境が続いており、自社拠点での生産縮小によるコスト削減が必要と判断し今回の決定に至ったようです。

今後は、生産終了に伴い大連東芝テレビジョンを解散する一方、他社への生産委託を拡大し映像事業の2013年度下期黒字化を目指すとのことです。

東芝:液晶テレビ生産拠点「大連東芝テレビジョン社」の終息について

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事