不景気.com > 国内倒産 > 沖縄の元建築業「オーケイ」に特別清算開始決定、負債37億円

沖縄の元建築業「オーケイ」に特別清算開始決定、負債37億円

沖縄の元建築業「オーケイ」に特別清算開始決定、負債37億円

沖縄県沖縄市に本拠を置く元建築業の「株式会社オーケイ」は、12月10日付で那覇地方裁判所より特別清算の開始決定を受けたことが明らかになりました。

1982年に「沖創開発」として設立の同社は、アパート・賃貸マンションの開発および建築工事を主力に事業を展開し、1993年には「沖創建設」へ商号を改称すると、沖縄県内はもとより福岡・東京にも拠点を開設するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による不動産市況の落ち込みで業績が悪化すると、保有不動産が不良在庫となり経営を圧迫したため、2011年4月に企業再生支援機構より支援決定を受け再建を目指したほか、同年9月には会社分割により新「沖創建設」へ事業を継承する一方、自らは清算目的会社として現商号へ改称し事後処理を進めていました。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると負債総額は約37億円の見通しで、不動産管理子会社の「株式会社ケイエス」も同様の措置が取られています。

旧沖創建設と子会社 特別精算開始へ (沖縄タイムス) - Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事