不景気.com > 企業不況 > 神奈川県石油業厚生年金基金が解散、サンオータスが加入

神奈川県石油業厚生年金基金が解散、サンオータスが加入

神奈川県石油業厚生年金基金が解散、サンオータスが加入

ジャスダック上場のガソリンスタンド経営「サンオータス」は、加入している「神奈川県石油業厚生年金基金」の解散方針が11月26日の臨時代議員会で決議され、同基金より正式に通知文書を受理したと発表しました。

1969年に設立の同基金は、神奈川県石油業協同組合を設立母体としてガソリンスタンド運営者など向けに厚生年金基金の運営を手掛け、2013年8月末時点の加入員は2893名、年金受給者は3747名の規模を誇っていました。

しかし、加入事業所および加入員の減少や年金受給者の増加により年金資産が減少傾向にあり、2014年4月1日に施行予定の改正厚生年金法に伴い、今後の円滑な基金運営は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

なお、同社は業績への影響について、解散に伴う費用の発生が見込まれるものの、不確定要素が多く合理的な算定ができないため判明次第明らかにするとのことです。

厚生年金基金の特例解散に関するお知らせ:サンオータス

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事