不景気.com > 国内倒産 > 熊本の元スーパー壽屋「KTB」に特別清算決定、負債50億円

熊本の元スーパー壽屋「KTB」に特別清算決定、負債50億円

熊本の元スーパー壽屋「KTB」に特別清算決定、負債50億円

官報によると、熊本県熊本市に本拠を置く不動産賃貸業の「株式会社KTB」は、12月2日付で熊本地方裁判所より特別清算の開始決定を受けたことが明らかになりました。

1947年に創業の同社は、「壽屋」の屋号にてスーパーマーケットを中心に百貨店やディスカウント店などを展開し、1973年には福岡証券取引所へ上場を果たすと、一時は九州地区最大手のスーパーに成長を遂げるなど事業を拡大していました。

しかし、バブル崩壊に伴う経営の悪化で2001年に民事再生法の適用を申請すると、その後は店舗閉鎖や不動産売却を進めた一方、商号を「壽屋」から「カリーノ」へ、さらに現商号へ改称し資産売却の大部分を終えたものの、依然として債務が残っていることから今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、負債総額は50億円超の見通しです。

「壽屋」の元経営企業が特別清算開始決定(帝国データバンク) Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事