不景気.com > 不景気ニュース > 日本ファンタジーノベル大賞が13年度で休止、25年の歴史に幕

日本ファンタジーノベル大賞が13年度で休止、25年の歴史に幕

日本ファンタジーノベル大賞が13年度で休止、25年の歴史に幕

読売新聞社と清水建設が主催し新潮社が後援する「日本ファンタジーノベル大賞」は、今年8月に行われた第25回(2013年度)をもって休止すると発表しました。

1989年に創設された同賞は、創作ファンタジー作品を公募する文学賞で、過去には鈴木光司氏の「楽園」や畠中恵氏の「しゃばけ」、森見登美彦氏の「太陽の塔」などが受賞作に選ばれるなど人気作家を輩出していました。

しかし、設立当初の主催だった三井不動産販売が1998年に撤退すると、その後は清水建設がその役を引き継いだものの、創設から四半世紀を迎えたことで役割を終えたと判断し今回の決定に至ったようです。

ニュース一覧 | 日本ファンタジーノベル大賞

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事