不景気.com > 国内倒産 > 横浜の解体工事「ビー・エーブル」が破産申請し倒産、負債25億

横浜の解体工事「ビー・エーブル」が破産申請し倒産、負債25億

横浜の解体工事「ビー・エーブル」が破産申請し倒産、負債25億

神奈川県横浜市西区に本拠を置く解体工事の「株式会社ビー・エーブル」は、12月20日付で東京地方裁判所へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1992年に設立の同社は、大手建設会社を取引先として解体工事を主力に事業を展開するほか、アスベスト除去や土木工事も手掛けるなど事業を拡大していました。

しかし、低採算の工事受注が多かったことで売上に対し利益率は低調に推移したことに加え、回収不能となった債権を処理したことで債務超過に転落したため、信用不安から資金繰りが行き詰まり11月30日付で事業を停止し今回の措置に至ったようです。

信用調査会社の東京経済および東京商工リサーチによると、負債総額は約25億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事