不景気.com > 海外リストラ > ローランドが欧州での楽器生産から撤退、伊子会社を解散

ローランドが欧州での楽器生産から撤退、伊子会社を解散

ローランドが欧州での楽器生産から撤退、伊子会社を解散

東証1部上場で電子楽器製造の「ローランド」は、イタリアに本拠を置く100%出資の欧州子会社「ローランド・ヨーロッパ」における事業を終了し、同子会社を解散および清算すると発表しました。

1987年にイタリアの電子楽器メーカーを買収し欧州での事業に進出すると、その後は欧州向け電子ピアノやキーボード・アコーディオンなどの製造を手掛けていたものの、近年は欧州の景気停滞や電子楽器市場の環境悪化、さらには世界的な生産拠点再編に伴う生産量の減少で業績が落ち込んでいるため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

11月6日より現地の法令に従い解散手続を進める予定で、この施策に伴う従業員の退職一時金や固定資産の処分費用などとして15億~20億円の特別損失を計上する一方、年間で約10億円の収益改善効果を見込むとのことです。

海外子会社の解散・清算に関するお知らせ:ローランド

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事