不景気.com > 企業不況 > LCAHDに保有不動産の強制競売開始決定、借入返済できず

LCAHDに保有不動産の強制競売開始決定、借入返済できず

LCAHDに保有不動産の強制競売開始決定、借入返済できず

東証2部上場の経営コンサルティング業「エル・シー・エーホールディングス」は、11月6日付で長野地方裁判所佐久支部より保有不動産に対する強制競売の開始決定を受けたと発表しました。

これは、債権者となる「ワイアンドティ」(宮城県塩竃市)から3000万円を借り入れ返済不能となったことにより、同社より貸金返還請求の提訴を受け東京裁判所より支払い命令の判決が下ったものの、その後も支払いができなかったことから、不動産に対する強制競売を申し立てられ今回の決定となりました。

なお、強制競売開始決定を受けた不動産は長野県軽井沢町のオナーズヒル軽井沢の土地・建物で、この決定に伴う業績への影響は軽微とのことです。

当社保有不動産の強制競売開始決定に関するお知らせ:LCAホールディングス

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事