不景気.com > 赤字決算 > ラオックスの13年12月期は35億円の赤字見通し、中国事業停滞

ラオックスの13年12月期は35億円の赤字見通し、中国事業停滞

ラオックスの13年12月期は35億円の赤字見通し、中国事業停滞

東証2部上場の家電量販店「ラオックス」は、2013年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が35億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2013年12月期通期連結業績予想:ラオックス

売上高 営業損益 純損益
前回予想 402億円 △7億2000万円 △7億8000万円
今回予想 340億円 △25億円 △35億円
前期実績 229億4800万円 △14億3000万円 △13億5600万円

国内事業は改善の兆しが見えるものの、中国出店事業においては中国経済市況の低迷や先行投資による利益の減少などから想定を下回っており、また、上海の一部店舗において賃貸契約の継続が困難となったことから11月13日付で1店舗の閉鎖を決定したこともあり、営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:ラオックス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事