不景気.com > 赤字決算 > カメラのキタムラの第2四半期は純損益12.21億円の赤字見通し

カメラのキタムラの第2四半期は純損益12.21億円の赤字見通し

カメラのキタムラの第2四半期は純損益12.21億円の赤字見通し

東証2部上場でカメラ・写真の専門店を展開する「キタムラ」は、2014年3月期第2四半期(累計)連結業績予想を修正し、四半期純損益が12億2100万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2014年3月期第2四半期(累計)連結業績予想:キタムラ

売上高 営業損益 純損益
前回予想 650億円 △2億5000万円 △6億円
今回予想 674億2900万円 △10億1500万円 △12億2100万円
前年同期 641億8800万円 △1億6200万円 △5億7700万円

ミラーレス一眼やデジタル一眼などの高価格デジタルカメラやスマートフォンの売れ行きが好調だったことから売上高は前回予想を上回ると見込むものの、プリント部門の販売が前年を下回っているほか、スマートフォンの販売に伴う販売促進費の増加により営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:キタムラ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事