不景気.com > 赤字決算 > JVCケンウッドの14年3月期は55億円の一転赤字へ、円安影響

JVCケンウッドの14年3月期は55億円の一転赤字へ、円安影響

JVCケンウッドの14年3月期は55億円の一転赤字へ、円安影響

東証1部上場で電気機器製造の「JVCケンウッド」は、2014年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が55億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2014年3月期通期連結業績予想:JVCケンウッド

売上高 営業損益 純損益
前回予想 3300億円 110億円 30億円
今回予想 3100億円 10億円 △55億円
前期実績 3065億8000万円 96億300万円 11億4600万円

光学・オーディオ部門の不振やソフト・エンターテインメント部門における主力作品の発売延期などにより売上高は前回予想を下回るほか、円安の影響による国内カーナビ部門の大幅な赤字や海外における販売不振などから、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:JVCケンウッド

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事